単純作業で気楽!

軽作業バイトで働こう

軽作業バイト「検品」の特徴

「検品」で集中力を高めよう

「検品」で集中力を高めよう
LINEで送る
Pocket

扱う商品の幅が広い

軽作業の仕事のひとつに「検品」があります。検品とは商品の出荷前に不具合がないかどうかを確認し不良品を取り除く作業です。勤務先の職場で扱う商品によって具体的な仕事の内容は違います。例えば「せんべい」を扱う食品工場の検品は、ベルトコンベアを流れる商品をチェックして割れているものや形がおかしなものを取り除いていくという作業を行います。「書籍」を扱う工場では、コンテナケースなどに入っている本を1冊ずつパラパラとめくり、欠落がないか印刷のミスがないかどうかを確認していきます。「衣料品」を扱う工場では、完成した衣料品を取り出して、汚れやほつれなどがないかどうか1枚ずつ確認していきます。珍しいケースとして「スマホアプリ」の検品では、実際にスマホにアプリをダウンロードして操作してみます。不具合があった場合は報告します。

単純だけれど、「責任重大」

検品作業はとても単純な作業です。特別なスキルもいらなければ、商品に対する知識も最低限あれば仕事に支障が出ることはありません。また仕事の性質上、結果として扱う商品に不良品がない場合は、仕事を適当にしても問題が出ないというケースもあります。
しかし万が一、不良品が市場に出回った場合はどうなるでしょうか。インスタント食品やファストフード店で起きた食品に対する異物混入は当時大変な社会問題になりました。勤務先の工場でも同じような社会的な事件になりかねないリスクをかかえています。衣料品などに針などが混入していて、購入したお客さんがケガをしてしまった場合は賠償問題に発展してしまうかもしれません。「不良品はないかもしれないけれど、万が一に備えて決して気を抜いてはいけない」それが検品という仕事です。

集中力と責任感がある人向け

検品の作業に必要な素養は、体力や社交性よりも「集中力があること」だといえるでしょう。とにかく勤務中は作業に集中し続ける必要が、他のどの職種よりもあるからです。勤務時間の最初のうちは集中して作業ができるけれど、時間が経つにつれて集中力が切れてしまうということでは困ってしまいます。なぜなら1つの失敗が、それまでの作業すべてを無意味にしてしまうような性質の仕事だからです。
また「責任感」があることも検品担当者に欠かせない素養です。たくさんの商品がベルトコンベアを流れてきた時に「1つくらいの不良品は見逃しても仕方ない」そう思ってしまう人は検品には向いていないでしょう。「1つたりとも、不良品を見逃さない」そう思って作業をすることを喜びに感じるタイプの人に向いている仕事です。あまりいい意味で使われない「完璧主義」の人が、検品の作業現場では誰よりも活躍するかもしれません。

初心者に読んで欲しいページ

求人サイトが役に立つ

軽作業のバイトを探すなら「求人サイト」を利用すると良いでしょう。求人サイトには優れた検索機能がありますので、いくつかの条件を入力するだけで希望のバイト先を探すことができます。スマホを利用すれば、どこにいても24時間最新の求人情報を見ることができます。人気がある軽作業のバイトは早い者勝ちになることもあります。求人サイトを利用すれば情報戦でも優位な立場に立つことができるでしょう。

詳しく見る

真面目な人が向いている

軽作業の仕事は単純でシンプルな作業が多いです。そのため初心者でも仕事ができますが、ミス無く長い時間こなすのは大変です。勤務時間中は気を抜かずに最後までコツコツと仕事ができる人が向いています。また人見知りの人も軽作業には向いているといえます。周囲の人と談笑するタイプの人よりも、黙々と目の前の作業に集中できるタイプの人のほうが職場の役に立つからです。

詳しく見る

Copyright (C) 2016 軽作業バイトで働こう All Rights Reserved.